clerk のすべての投稿

第25回沖縄大会のご案内

ご挨拶

本年大会はすでにご案内のように,日本列島南西域の歌と踊りの島,アジア,太平洋域の音楽世界が覗けそうな沖縄での開催です.大会テーマは,沖縄民俗音楽の特徴である,各島の”郷友会”による伝承形態に視点をおいた「故郷(ふるさと)を演じる人々」ですが,今日の全国的に緊要な故郷の問題にも通ずるものです.つまり,本年3月に東北地方で起きた大地震による被災地で話題とされている問題であり,また人口過疎化に悩む各地の民俗音楽伝承者の故郷外に転出して行った者たちの問題でもあるのです.多くの会員のみなさんの来沖参加を望みます.(大会実行委員会副委員長 星野紘)

日時

平成23年12月17日(土)・18日(日)

会場

  • 沖縄県立芸術大学
  • 〒903-8602 那覇市首里当蔵町1-4
  • 第1日目:音楽棟1F大合奏室
  • 第2日目:総合教育棟3F大講義室

主催

  • 日本民俗音楽学会
  • 沖縄県立芸術大学

内容

大会テーマ「故郷(ふるさと)を演じる人々」

民俗芸能公演

  • 沖縄県国頭地方・安田の臼太鼓(ウシンデーク)(在那覇・安田郷友会)
  • 沖縄県八重山地方・竹富島種取祭の狂言(キョンギン)(在那覇・竹富郷友会)

シンポジウム

  • コーディネータ:金城厚
  • パネリスト: 狩俣恵一・遠藤美奈・懸田弘訓・久万田晋

研究発表

  1. アイヌ伝統音楽の教材化 -ウポポの音楽的特徴(萬司)
  2. 「安里屋ユンタ」の教材化の有効性 -音楽文化についての理解を深める視点から(山本幸正)
  3. 黒川能の伝承現場における演技に関する言説についての考察(柴田真希)
  4. 秋田県北部の「獅子・駒・奴踊り」の伝承法と伝承組織について(桂博章)
  5. 郷土の変貌と祭り芸能の行方(星野紘)
  6. ブータン歌謡ツァンモ -掛け合いと占いの諸相(伊野義博)
  7. 沖縄県北部のウシデーク -芸能の特徴と今日の伝承(小林公江・小林幸男)

大会スケジュール

第1日目 12月17日(土) – 音楽棟1F大合奏室

10:00 – 11:30 理事会
12:30 - 受付開始
13:00 – 13:10 開会挨拶
13:10 – 13:20 コーディネータ趣旨説明
13:20 – 14:20 民俗芸能公演
14:30 – 17:30 シンポジウム(東北地域からの報告を含む)
17:40 – 18:10 総会
18:30 – 20:00 懇親会(学生食堂)

第2日目 12月19日(日) – 総合教育棟3F大講義室

09:00 – 09:30 受付
09:30 – 12:10 研究発表1(各30分)
12:10 – 13:10 昼食
13:10 – 14:10 研究発表2(各30分)
14:20 – 15:40 特別講座「沖縄の民俗芸能の分類」
15:40 - 閉会挨拶

☆大会スケジュールの時程・内容は,変更される場合があります.

大会費・懇親会費など

大会参加費

  • 会員:3,000円
  • 一般1日:2,000円 (学部生は1,000円)
  • 一般2日:4,000円 (学部生は1,000円)

懇親会費

4,000円

2日目昼食

1,000円

☆会員の方:参加申し込みハガキでお申し込み下さい.このハガキは大会参加状況を把握することと,欠席される場合の総会委任状を兼ねていますので,必ずご投函下さい.締切りは,11月11日(金)必着です. [受付は終了しました]

連絡先

大会問い合わせ先

  • 大会実行委員会事務局長 岡部芳広
  • info@s-jfm.org
  • TEL (FAX): 042-713-5017

会場案内

沖縄県立芸術大学 〒903-8602 那覇市首里当蔵町1-4

その他

寄贈図書等貸与コーナー設置

この2年間に学会に寄贈された資料を会員に貸し出し致します.また会員出品の図書等を希望者に無料で持ち帰って頂くコーナーを作りますので,出品希望者は当日会場へお持ち下さい.(担当:入江宣子)

諸注意

  • 会場は構内の案内掲示にしたがってお進みください.
  • コンビニエンスストアが当蔵バス停前にあります.
  • バス通り沿いに食堂が数件ありますが,昼食は弁当の注文をお薦めします.
  • コイン式コピー機が管理棟ロビーにあります.
  • 近くのコンビニエンスストアにもあります.
  • 喫煙は所定の場所でお願いいたします.各建物外のベンチ脇にあります.

第25回沖縄大会実行委員会メンバー

第25回沖縄大会実行委員会メンバーは次の通りです.本年もどうぞ宜しくお願い致します.

  • 委員長:金城 厚
  • 副委員長:星野 紘
  • 大会事務局長:岡部芳広
  • 委員:加藤栄子・城所惠子・久万田晋・黒田清子 ・小島美子・佐塔豊淑凰・原田 解・福田裕美
  • 学会事務局:岡部芳広・小野寺節子・河瀬彰宏・寺田真由美・山本幸正

第7回民俗音楽研究会

ご挨拶

「民俗音楽伝承力の創造―生涯にわたって生きる実践的で具体的な提言―」

第7回民俗音楽研究会を柳都「新潟」の地で開催いたします.前回の第6回研究会では,「民俗音楽伝承の新たな力」をテーマに多くの発表や活発な議論が交わされました.民俗音楽の伝承について,現代における様々な課題が浮き彫りにされるとともに,人々がつながり,芸能や音楽の意味を再発見しながら大きな力となっている実態が報告されました.こうした成果をもとに,今回は「民俗音楽伝承力の創造」をキーワードに,「民俗音楽の伝承力をいかにして創りあげていくか」といった点について意見交換を行い,生涯にわたって生きる実践的で具体的な提言が生まれる会にしたいと思います.

特に今回は,参加者が日頃思っていることや実践していることを持ち寄り,討論を積み重ねることを大切にしたいと考えています.どのような小さな事柄でもかまいません.A4一枚の提案も大歓迎です.

会場は,新装なった新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」です.新潟駅に隣接する大変便利なところで,周辺には,岩室,弥彦,月岡などの有名温泉がたくさんあります.加えて当日は,年に一度の「新潟祭り」の日でもあります.新潟銘酒を楽しみながら交流しませんか?多くの会員の参加をお待ちしています.

会場

  • 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」
  • 講義室A:新潟駅南口出たPLAKA(プラーカ)1の2階
  • 〒950-0911 新潟県新潟市中央区笹口1丁目1番地
  • TEL:025-248-8141

主催

  • 日本民俗音楽学会

日時

平成22年8月7日(土)・8日(日)

研究会スケジュール

第1日目 8月7日(土)

13:00 – 受付開始
14:00 – 開会挨拶
14:05 – 14:35 基調提案「民俗音楽伝承力の現状―新潟の場合」(伊野義博)
14:35 – 15:05 「民俗芸能伝承力の創造―佐渡の事例から」(松田祐樹・NPO佐渡芸能伝承機構)
15:25 – 17:00 会員発表・討議
18:30 – 20:30 懇親会・自由討論

第2日目 8月8日(土)

09:30 – 10:00 前日のまとめ
10:00 – 12:00 発表・討議・自由討論

☆大会スケジュールの時程・内容は,変更される場合があります.

参加費・懇親会費など

参加費

  • 会員 2,000円
  • 一般 2,500円 (学部生は1,000円)

懇親会費

  • 5,000円

会場案内

  • 会場アクセスは別紙参照 ◎別紙ー交通案内(PDF)

連絡先

問い合わせ先

〒950-2181 新潟市五十嵐二の町8050番地
新潟大学教育人間科学部 芸術環境講座
TEL: 025-262-7043
ino@ed.niigata-u.ac.jp
伊野義博

発表申込・参加申込

上記問い合わせ先に,はがき,電子メールまたは申込用紙(◎Word/◎PDF) をFAXでお申し込みください.締切は7月31日(日)必着です. [受付は終了しました]

  • 住所,氏名,連絡先(電話番号,E-mail),発表テーマ,参加日をお知らせ下さい.
  • 発表時間は,15-20分程度を予定しています.発表者数により多少変更があります.
  • ペーパーなし,参加のみの方も歓迎します.その場合,「発表テーマ」の記入は必要ありません.

その他

宿泊施設

ホテル・旅館案内は別紙より各自で手配をお願いいたします.なお,当日は新潟祭りと重なりますので,早めにご手配ください.会場にもっとも近いのは,新潟駅南(南口)エリアのホテルです.
◎新潟市公式観光情報サイト